ヒアルロン酸が必要とされる理由

ヒアルロン酸は私達人間の体の中に存在している、ムコ多糖類の一種でやや粘り気がある成分です。
化粧品や美容サプリメントにも多く使用されていますが、元々体内にも存在しています。

ヒアルロン酸にはわずか1グラムで6リットルもの水分を吸収し蓄える力があります。
ヒトの体は半分以上が水分でできていると言われていますが、私達が健やかに暮らせるのは、ヒアルロン酸の存在があるからと言っても過言ではないでしょう。
肌の弾力や潤いを維持するためには、肌細胞の状態も重要なポイントとなります。
ヒトの体にはヒアルロン酸以外の美容成分も多数存在し、それを体内で生成する力も備わっています。

みずみずしい肌、ハリと弾力のある肌を可能にするのも、ヒアルロン酸が肌内部で水分を吸収し蓄えていられるからです。
しかし体内で生成される量は年齢と共に減少していく事もわかっています。
多少の個人差はあるものの、生まれた時から20歳頃までは体内のヒアルロン酸も十分に量を維持できています。
20歳をピークにしてそこから徐々に減少していくのは、老化とも関係しています。

ヒアルロン酸が減少するという事は、体の水分保持力が低下するという事になります。
このため肌が乾燥しシワや肌荒れという見た目にも変化が起こります。
老化は完全に食い止める事は出来ませんが、量が減るとわかっているならそれを他の形で補う事はできます。
ヒアルロン酸の場合は食材からも補えますが、性質や吸収率を考えると化粧品やサプリメントから補うのが理想です。

Copyright © 2014 ヒアルロン酸の基礎知識 All Rights Reserved.